αぶれんでぃんぐますく

あらすじ

最近、αチャネル合成によるアンチエイリアシングを応用したゲームが多いので、 なんとなく作った。 ほんとーは、CG 屋さんが手作業でαチャネルマスクを作ると良い。 もともと「×△鳩」は汎用のグラフィックライブラリを実装しかけてあるので、 フィルタだけ作ればあとはちょいちょいっと変更するだけだったりして。

結果

効果 なし 輪郭内側 filter α filter α
説明 ふつーに背景と立ち絵を合成。 マスクデータに、5x5の(いんちき)FIRローパスフィルタを掛けたあと、 これをαブレンドレイヤデータとみなして合成。 ただし、輪郭の外側はぼかさずばっさり切る。結果として、 立ち絵の輪郭の内側部分の数ピクセルが背景とブレンドされる。 同左。ただし、輪郭の外側もぼかす。 結果として、立ち絵の輪郭の外側内側の数ピクセルが背景とブレンドされる。
(c)jANIS/ivory 無断転載禁止 (詳細)
(Powered by ×△鳩)